~医療通訳はどこまで介入すべきか~

医療通訳の勉強を始めてまず徹底的に教えられること、それは医療通訳の倫理です。私は、大学病院で医療通訳活動を現在していますNAMIの会員です。

ご存じのように、医療通訳者は”conduit”(導管)であって、「何も足さない、何も引かない」が大原則です。

ただ、児童虐待や患者さまの命に関わるような事態は別です。でもそれだけではありません。

例えば・・・

生まれて初めて心電図検査やレントゲン検査をうける幼児にとって、あの真っ白く無機質な検査室は怖くて、に入った瞬間から恐怖心で一杯になってしまいます。さらに検査技師さんは小児科のドクターや看護師さんのようにピンクの白衣など着ていませんし、部屋にアンパンマンやミッキーマウスの絵などあるはずもありません。あるのは大きくて不気味な機械やコンピューターばかりです。お子さんによっては本気で怒って泣き出してしまい、全身の力を振り絞って抵抗します。最初は控えめな検査技師さんも必死になるので次第に言葉少なになり最後のほうは無言になってしまいます。そんな状況の中で、通訳の私はティッシュでお子さんの涙と汗を拭いてあげる以外はそばでじっと立っている事しかできません。(その場にいる大人が全員ひとりのお子さんを押さえつけているのですから、汗を拭いてあげられるのは私だけです。)検査後、担当の医師からは「通訳さんから(自発的に)おかあさんにアドバイスや励ましの言葉をかけて頂けたら良かったかもしれません」と言われました。

 

採血になると、さらに身体拘束という非常につらい状況になる事もあります。幼児ばかりではありません。精神疾患をお持ちの大人の患者様の採血などは母語でさえもとても大変です。

あなたならどうしますか?自発的に言葉をかけますか?

私も非常に迷いましたが、やはり倫理規定に従いました。テキスト通りの現場だけではないので、通訳はどこまで介入すべきなのかその時々の適切な判断が求められます。しかもどうすべきなのかをじーっと考えている時間的余裕はなく瞬間的に判断することが求められます。これは経験を積んでいくしかない事なのでしょうか。患者さまにとって本当に必要な医療通訳への道のりは長いなと感じています。

NAMI会員 K.S.

 

 

0 コメント

優れた通訳者

85日、6日とNAMIの第1回目の全国大会が開催されました。約130名の方が参加してくださり各分科会、全体会のディスカッションも活発に行われました。医療通訳に関する課題の大きさやそれらを解決していかなければならないNAMIに対する皆様からの期待の高さを感じる二日間でした。

 私は、第1日目の分科会2「入門医療通訳演習」(英・中)に参加しました。この分科会は、医療通訳初心者を対象に講義と演習を行い、医療通訳のイメージを把握してもらうことを目的にしたものです。まずは、レクチャー「医療通訳とは?社会で果たす役割」について、NAMI代表理事の森田直美が講師となって、医療通訳の役割についての話がありました。

そのあとに、英語と中国語の言語別ロールプレイ練習が行われました。ロールプレイは、耳鼻科、脳神経外科、小児科のシナリオを用いて、通訳練習を行ってきました。初めてロールプレイ研修を受ける人もいれば、医療通訳実践もたくさんしている人などさまざまなレベルの人が参加していました。

 ロールプレイでは、単語や専門用語をどのように訳出していくかということも勉強していきましたが、それだけでなく、通訳者としてどのように行動していくか、通訳倫理や行動規範についての話もありました。英語、中国語を話せるといえども医療通訳者の対象は様々な背景をもっていて、それぞれに使う言葉や表現方法がすこしずつ異なっていることがあり、対象者に合わせた表現方法を通訳に取り入れたりしなければなりません。また、医者など医療従事者が早口で話したり、自分の知らない専門用語が出てきたときにどのように対応していくかについても、通訳者が正確に通訳をしていくために必要な技術であり、きちんと身に付けていかなければなりません。このような問題には通訳倫理や通訳者の行動規範をきちんと理解していくことで、通訳者として現場でどのように対応し、どのような技術を身に付けていけばいいかを知ることができます。

 

最近は、インバウンド関連で医療通訳をする人が増えてきており、通訳倫理や通訳者の行動規範について知る機会のない人も多くいます。在住外国人対象の医療通訳であっても、インバウンド対象の医療通訳であっても通訳者として身に付けていかなければならないことは同じです。どのような実践場面でも通訳者としての役割やそれに必要な技術を身に付けた優れた通訳者として活躍できるようになっていってもらいたいです。(Nai)

0 コメント

「敵が見えない」

外国人医療において、一番の困難は言葉の問題だと思っていました。
だから、良質な医療通訳を配置することで
医療のアクセスを確保できると信じていたのです。
でも、最近、そうでないケースがあまりにも山積みなので
だんだんわからなくなってきました。

思えば、以前は闘う相手がはっきりしていました。
「闘う相手」が必ずしも悪いというのではなくて、
法律や制度や通訳というツールやそういうものを駆使すれば
相手と交渉したり解決したり、合意したりできたのです。

相手は、ブラック企業だったり、やくざまがいの派遣会社だったりもあったし、
労働基準監督署だったり、国保の窓口だったり、入国管理局だったりでした。
自分を通訳者という道具として最大限使うことで問題解決の糸口がみつかっていました。
医療現場でもそれに近い状態だったと感じます。

最近では、「言葉」の問題に、「貧困」がからみ
そして「家族」が絡んできます。

医療現場で、日本語ができないだけでなく、お金がないだけでなく、
母子が夫から捨てられる、親が子どもをネグレクトする、
認知機能が落ちて判断ができない、遺棄に近い状態もあります。

日本人の困難事例に、帰国という選択肢のない外国人が日本語という壁を抱えて立ち往生。
こうなってくると、医療にアクセスする機会以前の問題なのです。
外国人医療で通訳していると
そもそも病院にたどり着くまでが困難であるケースが少なくありません。

誰も悪くない。
患者の過去を批判することは、今やることではない。
だから、闘うべき敵が見えないのです。

 

 

MEDINT便りより加筆修正)

(む)

0 コメント

途中で止める

 医療通訳者は医師を始め医療従事者の説明が長く続き始めると 途中でとめなければならない、と教えられます。 あまり長くなると前の方を忘れてしまう可能性がある あるいは自分の書いたメモが読めなくて混乱するなどの理由から正確な通訳が望めなくなるからです。自分の能力の及ぶ範囲を知っておき、そこで止まって頂く。そこまでを訳してまた次に進む、この繰り返しです。

 

 あるロールプレイ練習に参加した時のこと。 

 大腸検査の説明をする場面がありました。

 日本文で3,4ページにもおよぶ長い説明をその通訳は一回も止めずにメモを取っていました。まだ行くの?まだ行くの?と全員がはらはらしていたと思います。そして、さあ、どうするのだろうと皆がかたずを飲んで見守る中、この通訳さんは見事にこなされました。すごい!素晴らしかったです。後で聞いてみたところ、この方は看護師さんであり検査プロセスを熟知していますから、とのことでした。

でも少し考えなくてはならない面もあるかもしれません。 看護師の説明が続く中、患者はかやの外。人によっては不安になったり集中力が途切れる方もいるでしょう。途中で待ち切れなくなって質問を挟む人もいてそうするとその対応に追われ 本来の通訳しなければならない部分がおろそかになる可能性もあります。やはりここはたとえ自分が間違いなく通訳できる自信があっても ある程度のところで止まって訳したいと私は思います。患者さんも確認できますし そこでタイミングよく質問も出来ます。もし患者さんの理解の方向性が違っていたら修正も出来ます。 

 

ところで、途中で止まってもらう方法も千差万別です。もうこれ以上は無理、と思ったら医師の説明にかぶせて訳し始めてしまう、それを何回か繰り返すうちに医師のほうでも通訳の能力がわかり、途中で止まってくれるようになる、というやりかた。「先生、あまり長くなると訳せなくなります。ここで通訳の時間をいただけますか?」と断ってから訳すというやりかた。手を挙げて合図をして止まってもらうやり方。 私は新人の頃、途中からかぶせていました。 焦りがあったのだと思います。今ではこのやり方は少し乱暴かなと思い、待ってほしい旨を口頭で伝えるようにしています。しかし人間には話すリズムがありますから 待って欲しいとお願いしたにもかかわらず 「いや、ここだけは喋られてくれ」とおっしゃってご自分の言いたいことを一気に話された医師もいらっしゃいました。そんな時はひたすらメモに徹するしかありません。

 

 

 最近は医師の中にも通訳を使い慣れてこられた方が出てきました。適当な所で区切って下さり、「じゃあここまで」と言って時間を下さる方、「次も必ず通訳と一緒に来るように」と当てにしてくださる方。 

 これからますますニーズが高まる医療通訳者がいいパフォーマンスが出来るような環境をユーザー教育の観点からも考えたいです。(Y.Y)

0 コメント

一人二役

 

 

 医療通訳として独り立ちして十年以上の年月が経ちました。

 医療という専門性の高いかつ非日常的現場での実践に対して、経験を  

 蓄積ながらも事前準備は欠かせない作業です。

 現場において医療通訳は医療者と患者両方の通訳を担当し、所謂「一人

 二役」を演じます。そのためにコーディネーターから依頼を引き受け

 ると、診療科、病名、受診目的などの情報に基づいて準備し始める

 のです。医療知識は様々な情報源を活用して準備することができます。

 が、患者という役作りは容易ではなく、殆どぶっつけ本番です。

 私の場合、医療機関でMSWを通して患者さんと対面した瞬間から如何に

 患者役を演じるかの心構えは、患者さんから如何に「安心と信頼」

 得るかということです。

 安心感:患者さんに「您好」二文字に込められている全力でサポート

 する通訳の思いが伝わるよう、非言語的表現、例えば笑顔、口調、

 目線、距離などを大切にしています。

 信頼:診察の待ち時間を利用して患者さんの話に耳を傾けること、

 異国で病を患う不安を抱えている患者さんにとって母語で会話しながら

 ご自身の気持ちを整理し、不安を和らげる場合がありますので、待合室

 は通訳と患者との信頼関係を構築する大事な場所と考えています。

 診察室に入ってから、通訳は脇役となり、主役の医療者と患者さんとの

 意志疎通の懸け橋となります。医療通訳者が寄り添うの医療者だけ

 ではなく、患者だけでもなく、私たちは現場のすべての方々に寄り添う

 のです。(PS)

0 コメント