春に思うこと

4年前のちょうど今頃、甥っ子をなくしました。大学受験が終わり、久しぶりに部活に顔を出し、心肺停止になり救急車で搬送されました。駆けつけた救急隊がAEDを使ってくださったおかげで、若い心臓は鼓動を取り戻しましたが、てんかんと思われて体育館に寝かされていた20分間に脳はダメージを受け、その後意識が戻ることはありませんでした。

 

生命を維持するために、様々な処置がめまぐるしく施され、その度に家族は呼ばれ、説明を受けるものの、それが死を意味するものなのか、救済なのか、一言も漏らすまいと息を潜めて、あるいは泣きながら先生の話に耳を傾ける毎日でした。

 

医師の話を聞き、どこまで治療を行うのか、成功の確率はどれくらいあるのか、今日「さよなら」を言わなくて済むのか・・・と狭い部屋に集められた家族全員が緊張しながら、医師の言葉に耳を傾け、決断をしなければなりません。

 

病院の処置は、完璧でした。でも日本語で聞いていても、治療方針をきちんと理解して、決断をする負担はとても大きいことが分かりました。先生の表情や言葉に一喜一憂しました。もし自分が日本語が全然わからなかったとしたら、どんなだろう、と想像してみました。

 

医療従事者がバタバタと走り回っていても、何が起きているか分からず、その説明を聞くことも理解することもできない。重症なのか軽症なのか、どのような治療なのか、家族ができることは何かあるのか、自分たちの声は本人に聞こえているのか、苦しくはないのかなど、聞きたいことはたくさんあるはずです。

 

通訳してもらえるのであれば、要約でなく、話した文章をそのままに語尾まできちんと丁寧に訳してもらいたい、「はい、お願いします。」と言ったのに「OK」とカジュアルに訳して欲しくないなど色々と浮かんできます。

 

通訳はメッセージを伝えればそれでいい、というものではありません。正確にメッセージを伝えるのは、実は最低限のことなのです。それ以外にも、ニュアンスを伝える、発せられた言葉と同じトーンの言葉を選ぶ、短い呼びかけもそのままに訳してもらいたいと私は思います。できるだけ通訳者の色がつかない、雰囲気が壊れない、通訳しているのにあたかも原発言をそのまま聞いているかのように伝えて欲しいと願います。

 

そのためには、普段から言葉にこだわること、通訳するときは、最後まで気を抜かない、状況に甘えない、文の最後まで丁寧に訳すなど研修を通して研鑽を積んでいかなければなりません。

 

今年、全国医療通訳者協会では、全50時間の「CHIP研修」を準備しました。医療とロールプレイを含む通訳練習をセットにした研修です。たくさん通訳練習ができるようなプログラムにしました。月に1回(土・日)、5ヶ月かけて東京で実施します。それ以外にも、単発ですが、ロールプレイ研修をまずは名古屋で527日に開催します。

 

練習の先に待っている人を心に思い描いてみてください。

 

どうぞ奮ってご参加ください。(nm)

0 コメント

女性と子ども

 女性のライフイベントにおける出産・育児、そして介護等と、社会活動を通じた「学ぶ喜び」の両立で苦労されている(いた)数多の女性を垣間見てきました。医療通訳の研修の場においても例外ではありません。小さなお子さんの面倒を見てもらえる人がいないため、自己研鑽の機会を失った経験がある方も多いと思います。

 

 研修会に小学生のお子さんを伴って来られる場合があります。お母さんが前方で受講している後方で、お子さんが宿題やドリル、ゲーム(もちろん消音です!)などをしながら、お母さんと一緒の空間にいるという構図です。時には複数のお子さんが一緒になり、講義室の外で一緒に遊ぶこともあります。

親の働く姿を見せるという「子ども参観」という職場体験の前段階に当たるこの風景が、私はとても好きです。お母さんだって学びたい!働きたい!社会に貢献したい!の「見える化」です。

 

そんな後ろでお母さんの母語であるポルトガル語を勉強していた、日本生まれ日本育ちの子も大学生になり、ブラジル留学やコミュニティ活動に勤しみながら、自分自身の将来を考えるようになりました。

ある派遣団体において二十歳で在住10年の専門学校生のラテン系青年が医療通訳として養成され活躍していました。似て非なるラテン語の妊婦さん担当となり異常分娩だと判明しました。その時彼は、自分は異言語であり子供もおらず経験値も少ない異性なので、妊婦さんと同じ言語の同性の通訳に担当変更を申し出たところ、「あなたを信頼している。異言語であってもあなたに通訳をして欲しい」と言われ嬉しかったと話してくれました。そしてそんなコミュニティの橋渡し役になりたいという希望も持っていましたがIT分野の職種を探そうと思う、と苦しい胸の内を語ってくれました。

 

 日本社会で育った彼らが、十分な日本語を話せない、複雑な社会保健福祉制度が判らない家族やコミュニティの役に立ちたい、日本社会との橋渡し役になりたいという、ごく自然なモチベーションを拠り所とする「医療通訳者」を生業(なりわい)の職業選択の一つとしたい・・・

業として生計を立てられる職種にしていくことも『NAMI(全国医療通訳者会)』のミッションのひとつだと思っています。(m. i.)

 

 

0 コメント

漢 字

 

 

私は母語・中国語と日本語で医療通訳に携わっております。日々の実践を

通じて日本も中国も文字表記のための手段として使う漢字の便利さ、面白さ、時には難しさを思い知らされることが多々あります。

 

会話1@医療通訳現場

医:漢字を読めますか?

患:はい。

医:通訳がいない時に、紙に漢字を書けば通じるかも知れませんね。

 

会話2@医療通訳現場

患:この間、通訳さんがいない時に先生から統合失調症という病名を教えて

もらったが、中国のウェブサイトで統合失調症という病名は見つかり

ませんでした。

会話2のケースについて、患者の質問は通訳を介して医療者に確認し、日本語「統合失調症」の中国語訳「精神分裂症」を患者に伝えることができました。

 

単語帳作りを通して気付いた漢字表記、日本語=中国語、日本語≠中国語

日本語≒中国語

【日本語】      【中国語】

 心臓         心脏

 胃                

       膵臓         胰脏

 気管                  气管

      気管支                支气管

  副腎         肾上腺

 整形外科              骨科

      胃腸炎                肠胃炎

 婦人科                妇产科

       血液         血液

 

筆談は工夫の一つ、しかし、日本語≠中国語を意識しないと伝えたつもりで

伝わっていないことになりかねないです。

通訳として、漢字の鵜呑みは禁物と常々心掛けております。

 

漢字は奥深く興味深い文字ですね。(Pa

0 コメント

保健師研修から

 

  K市で新生時訪問や乳幼児健診などの母子保健支援時に通訳派遣をしている関係から、母子保健担当の保健師対象に外国人とのコミュニケーションや通訳を使用する際の注意点についての研修を行いました。

 

 参加されていた保健師さんは、皆さん若く、女子力の高そうな(笑)方ばかりでした。でも、いろいろお話しを聞いてみると、皆さん母子保健支援にとても熱い思いを持っており、外国人等利用者に対してもっと深く支援をしたいと思っているけれども、言葉や文化の問題があり、思うように支援ができない状況もあることが明らかになりました。

 

 

 

 保健師さんたちは、健診に来なかった世帯に状況確認のため通訳なしで直接訪問したり(在宅かどうかわからないので通訳予約できないため)、外国語の挨拶を覚えてコミュニケーションを取ろうとしたりして、言葉が通じない状況でも支援を一生懸命行っていることがわかりました。

 

また、妊娠中の食事や離乳食について日本式の指導でいいのかなど、文化の違いもありどこまでどのように支援や指導をしたらいいかと悩んでいる姿もありました。保健師さんが外国人等利用者に対して満足できる支援を行うためには、コミュニケーションをつなげる通訳が必要不可欠なものだといえます。 

 

しかし、新生児訪問や乳幼児健診などの母子保健支援の派遣は全て行っているK市ですが、電話での通訳相談は英語・中国語それぞれ週に2日ずつしかなく、それ以外の日に外国人等利用者が来所したり、保健師さんが緊急で突然訪問をしなければならない時など、通訳対応ができない状況です。現場の保健師さんたちが通訳の必要性を訴えているのですが、なかなか改善されない状況です。

 

 

 

 医療保健分野の通訳サービスは患者やクライエントの健康や福利に還元されるために行われるものですが、それを遂行するには対人援助の専門家(医師や看護師、保健師等)が適切な援助を行えるようにすることが必要です。

 

しかし、医療や保健の現場では、対人援助の専門家が通訳サービスを望んでいても、実現することが難しいのが現状です。対人援助の専門家が望む援助を行えるようにするためにも、現場の専門家の声を国や行政に伝えることも必要だなと感じています。(nai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

地域の研修で思ったこと

スキーリゾートを抱えたある地域の医療通訳養成のお手伝いに行きました。目的地に向かう列車の中で、大きなスーツケースの外国人旅行者が大勢いることにびっくり!駅に着いて、観光案内所で道を尋ねていると、そこにも外国人の集団が・・・ 

 

これでは、日本語のまったくわからない人がいつ骨折などで搬送されてきてもおかしくないだろう・・・関係者の方々の不安がわかる気がしました。

 

通訳の必要性は感じても、その通訳が信頼できるかどうかわからない・・・特に、「英語以外の言語は通訳が何をしゃべってるのかまったくわからないので不安」と、ロールプレイ演習に参加された医師の弁。

 

そうですよね。だからこそ、きちんと訓練を受けた通訳者であるという「証明」が必要になります。でもそれだけで、すぐに「それなら安心だから通訳を使おう!」になるのかな?とちょっと思いました。

 

「通訳の話してる言葉はわからなくても、きちんと訳してくれているかどうか、患者さんの反応を見てたら大体わかるのよね」

 

---これは自治体・NPOの医療通訳制度が定着している地域の、ある看護師さんの言葉。

実際に通訳を使っているうちに見分けがつき、訓練された通訳がいる時といない時の差にも敏感になり、訓練された通訳を使おうというモチベーションにつながるのでしょう。

 

医療現場が実際に通訳をどんどん使うことで、その効果を実感し「信頼」が生まれる。当然のことながら、通訳者も実践の経験を積むことで、初めて「信頼」される通訳に育ちます。

 

通訳を養成しました、何らかの認定をしました、しかしそこから医療機関側の通訳導入・利用に至るにはあと一歩、何らかの「仕掛け」が必要なのかな~という気がします。

 

大きな課題の1つが、通訳料の負担でしょうか。冒頭に述べた地域でも、それがネックになっているとのこと。

 

「ふだんそんなニーズがあるわけじゃないから・・・」 という医療機関の声も。曰く「(在住外国人の患者さんは)大体日本語が通じるし、何とかなってる。」 

 

そこでその地域のネイティブの通訳さんに「そうなの?」と聞いてみました。ボランティアで同行することがあるというその人は、「(患者さんは)わからない言葉はすっ飛ばして、わかったところだけで『わかった』と言ってるんだよ」

 

旅行者は「目に見えるニーズ」ですが、在住者からの「見えにくいニーズ」を、見えるようにしていくことも課題なのでしょうね。

 

その医療通訳養成講座に参加された受講者は、皆さん熱心で一生懸命取り組んでおられ、感銘を受けました。また、講座を企画された行政の方々や医療者の皆さんの思いも、ひしひしと伝わってきました。

 

みんなの思いがうまくつながって、外国人患者さんが安心して受診できるシステムへと発展しますよう! そのために必要なものは?と考えさせられた一日でした。  (yo)

0 コメント