「医療通訳は必要ない」と言ったけど・・・

「英語が話せるから必要ないです」

「妻は日常会話はできるので、説明はだいたいわかっているので大丈夫です」

医療現場では時々、医療通訳を紹介してもこんな風に断られることがある。

また、同時に医師からも「英語で説明して理解されているから、必要ないんじゃない?」と言われることもある。

この場合、医療通訳が本当に必要ではなく、医師が英語や簡単な日本語で説明して十分であるか?それはNoである。

 

「英語が話せるから必要ない」と言っていた患者さん。

医師の説明にいつも「質問はない。わかっている。」と話し、無口な印象。

ところが…医療通訳者が同席した瞬間に堰を切ったように話し出した。あっ、こんなに話す人だったんだ…そしてこんなに聞きたいことがあったんだ。治療上の規則を守れないのは「文化の違い?」「理解が悪い?」「パーソナリティー?」と医療スタッフは関わり方に戸惑っていたが、結果、医療スタッフの説明を十分に理解できていなかったからということがわかった。医療スタッフの患者さんに対する印象が変わる。そして、説明が終わった後に、医師も「通訳に来てもらってよかった」と話し、患者さんも医師もほっとした感じがお互いに伝わった。

 

「妻には医療通訳は必要ない」と言っていた患者さん。

医療通訳者に同席してもらい病状を説明すると、奥さんは「病名以外わからず不安だったが、安心した」と話された。そして今後の生活で気をつけることなど積極的に質問し、熱心にメモをとられていた。患者さんも「妻が安心してくれてよかった」と話された。

 

医師や医療スタッフからの説明を正しく伝えること…それは医療者と患者さんのコミュニケーション促進を図り、よりよい医療の提供につながるだけでなく、疾病やけがという人生の危機的状況にいる患者さん・家族への「情緒的サポート」も伴っていると感じる。そして、それぞれが今後の生活において自分自身のこととして、自らが取り組むことへの手助けとなっている。そんな風に「医療通訳」の役割や効果が大きいこと日々実感する。

 

医療現場では、潜在的に医療通訳を必要としている患者さんが多くいらっしゃる。患者さんの潜在的なニーズを拾い上げ、医療通訳者につなぐことができるように、医療機関のスタッフも医療通訳の効果や役割を認識する必要があると思う。

また、「医療通訳」がどの地域でも同じように活用できる社会を目指して、NAMIの活動が展開されたら素晴らしいと思う。それぞれの立場で取り組むことで、ソーシャルインクルージョンの実現につながるひとつなのではないかと考える。

 

*ソーシャルインクルージョン:

「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげよう、社会の構成員として包み支え合う」という理念

 

 

(賛助会員C.S

0 コメント

私の口から・・・

ご承知のように通訳という仕事は、Aさんの発言を聞き、その内容をそのまま違う言語に変換して、あたかもAさんが発言しているがごとく1人称でBさん(たち)に伝えることです。なので、自分だったら絶対言わないようなフレーズを口にすることもありますが、俳優さんのようにAさんになりきることが仕事の一部になったりします。

 

これが医療通訳となると、時にその内容が厳しすぎて自分の口からその言葉を発することを一瞬躊躇してしまうことがあります。「あなたのお子さんは、このまま手術しなければ1ヶ月くらいで亡くなります。でも手術しても手術中に亡くなることもあります。どうされますか?」メモを取る手が震えました。出だし、声がちょっと上ずってしまいました。「医療通訳」をしていなかったら、一生他の方に「あなたのお子さんは・・亡くなる・」と自分の口から言うことはなかったはずです。できるなら私のこの口からその言葉を発したくなかったです。訳出に集中することでその通訳を終え、そこで「医療通訳」としての「覚悟」ができました。

 

続けて流産された方に「よくあることです」とおっしゃる先生。先生にとっては日常のことかもしれないけれど、この目の前にいる方にとっては「よくあること」ではないんですよ~と思いながらその通りに訳す私。案の定、患者さんから無言の哀しい空気が伝わってきました。もちろん先生は、「流産はあなたのせいじゃないよ」とおっしゃりたかったことはわかっていますが、もう一言二言欲しかったなぁと。私が付け足すわけにはいかないし。診察室を出て、つい「よくあることかもしれないけど、よくあることじゃないよね。」と訳の分からないことを口走ってしまったら、彼女、哀しそうな目がちょっとだけ穏やかになった気が。。。気のせいかも。

 

「あなたの癌はもう全身に広がっていますから。」そうかもしれないけれど、他に言い方は・・・と思いながらその通りに訳出。重苦しい空気を引きずったまま病院を後にし、ずっと引きずったまま。

 

変わった例。「私はあなたが嫌いなの!大嫌いなの!!!」なぜか夫婦喧嘩の通訳をする羽目に。その日初めて会ったよその旦那さんに

“I don’t like you! I hate you!!!” と言っている私。(ms)

 

 

0 コメント

アメリカの大学病院でのシャドーイングの体験から

3年ほど前、アメリカ合衆国の大学病院で医療通訳士(Certified Medical Interpreter: CMI)のシャドーイングをさせてもらいました。ベテラン中のベテランYさんのあとを、金魚のフンのようについて回りました。CMIは出勤後、自分のスケジュールをパソコンでチェックし、それに従って広い病院内のすべての科を跨いで走り回ります。CMIが受付に患者を迎えにいくことはありません。受付や会計などの事務的手続きには、Navigatorと呼ばれる一般通訳スタッフがいます。その日Yさんには、15分刻みで医療通訳の予定が詰まっていました。

全世界共通だと思いますが、診察がスケジュール時間通りに進むことはほとんどありません。Yさんは病院中のスタッフを熟知している様子で、時間が押していることをその科の看護師や受付スタッフに伝えます。同時にYさんは次の通訳場所に連絡をいれ、先方の状況を聞き出します。看護師さんは通訳を必要としている患者さんの順番を動かすなど、状況が許す範囲内でやりくりをしてくれます。それでも、到着してみるとすでに診察が始まっていたときがありました。医師は診察室に設置されている電話通訳を利用して診察を進めていましたが、Yさんが入室すると、医師は電話通訳をやめて対面通訳に切り替えました。また、全く間に合わずに、文字通り「ブッチ」してしまった診察もありました。Yさんは事前に医療通訳コーディネーターに連絡をいれて、他のCMIを手配するように要請していましたが、あいにく他のCMIもスケジュールがいっぱいで、都合がつかなかったようです。結局、その診察がどうなったのかはわかりません。医師は電話通訳を利用したかもしれません。しなかったかもしれません。ただYさんには、それに気をもんでいる暇はありません。後にはまだまだスケジュールが詰まっています。Yさんは、「15分刻みはとても無理。でも人員も限られているし、その場でできることをやるしか仕方がない」と言います。日本でその体験談を聞いただけだったとしたら、もっとこうすればいいのに、ああすればいいのに、などと思ったかもしれません。が、現場で一緒に文字通り走り回っていると、私の頭の中で考えつくことなんて机上の空論でしかないことを、実感せざるを得ませんでした。

 

ある診察中、患者さんが服用中の薬のリストを取りだして、Yさんに手渡そうとしました。Yさんは即座に、「CMIはリストを見る必要はありません。あなたから直接先生に渡してください」と言いました。患者さんは、少し戸惑った様子を見せながら、リストを医師に手渡しました。私はYさんの斜め後ろで、一瞬「えっ!?」と思いました。私の「えっ!?」には、二つの驚きがありました。一つは、「通訳するときに薬のリストを見たいと思わないの?」という驚きです。私にとって、医療用語の中で、薬剤ほど名前にしろ効能にしろ覚えにくいものはありません。これにはYさんのCMIとしてのゆるぎない自信と誇りを感じ、私は尊敬の気持ちでいっぱいでした。もう一つの「えっ!?」は、Yさんの様子があまりにもドライで、少し冷たく感じたことへの戸惑いです。ふりかえってみると、Yさんは、決して患者さんや家族に話しかけたり、雑談をしたりしませんでした。診察室で患者さんが待っているとしても、医師より先に診察室に入って自己紹介をすることもありませんでした。すべては診察室の中だけの言葉のやり取りです。なるほど、CMIの理想形はYさんにあるのかもしれません。ただ、これを日本の医療現場でやったらどうだろうと、考えないわけにはいきませんでした。日本社会はまだアメリカほどには、老若男女にわたって個人主義が浸透していません。加えて、現在の医学教育や看護教育の中で、医学生や看護学生が、患者の文化や言語に配慮した医療ケアについて学ぶ機会はあまりありません。日本とアメリカでは、そうした状況が異なっています。Yさんのシャドーイングを通して、今の日本の医療現場で、患者さんの文化的あるいは社会的背景に思いやることができるのは、やはり医療通訳として介入する人ではないかな、と改めて強く感じました。そして医療通訳者が、臆せずに堂々とそうした役割を担えるような立場にあってほしいと感じました。少なくとも今の医学生や看護学生が、現場で中堅として活躍する10年後くらいまでは。

(R・O)

0 コメント

NAMIは1才になりました!

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2016128日に産声を上げてから約一年が過ぎました。設立イベント「全国医療通訳者セミナー ミニ!」を皮切りに、夏には全国大会、医療通訳50時間(CHIP研修)も実施いたしました。会員数も170名に増えました。本当にみなさんのご支援に感謝しています。

 

今年二年目はじっくり腰を据えて考える1年にしたいと考えています。医療通訳の認証制度の議論が中央で行われていますが、少し考えてみましょう。まず、はじめに来るのは「医療通訳のあるべき姿」です。そのあるべき姿を文書化したものが「倫理綱領」や「行動規範」です。つまり通訳者としてのモラルや行動ルールです。それを実際に身につけるために「研修」があり、その学びが身についているかどうかを評価するのが「認証制度」なのです。

 

認証試験をどう実施すべきかが話題となっていますが、実はまだ医療通訳者として最も大事な「あるべき姿」と「倫理綱領」や「行動規範」が十分に議論されていません。

 

NAMIでは今年、医療通訳者のハートにあたるこの部分に取り組んでいきたいと考えています。全国の会員の皆さんにも関わってもらい、みんなで作り上げていきたいです。

 

どうぞお力を貸してくださいね。

N.M.

 

 

0 コメント

「立場変われども、医療通訳は変わらず」

医療通訳という存在を知ってから、早いもので6年を迎えようとしています。県の医療通訳ボランティアを経て、医療事務、病院事務職へと立場は変わりましたが、医療通訳をライフワークとしていきたいという気持ちに変わりはありません。

私は、医療通訳として、二度のターニングポイントがあったと思っています。一度目は、県の医療通訳ボランティアとして派遣されていた頃、末期の胆管がん患者さんの通訳に呼ばれた時のことです。翌日早朝に退院して帰国の途につく患者さんのご家族へ、病状説明、画像を用いての診断疾患名の変更説明、今後の治療方針、麻薬の国外持ち出し手続きや帰国手配まで説明するというものでした。医療スタッフとも、患者さんご家族とも初対面の中、予習の必要性と効果を痛感しながら、文字通り冷や汗を流しつつ必死で対応したのを、今でも忘れることはできません。

二度目の転機は、偶然にも、勤務先の病院で医療通訳として医療チームに加わることになった時のことです。勤務先に医療通訳というポストはありませんが、やむを得ない事情で、定期的な薬の服用と受診が必要な患者さんに、2度の入院と外来の長期に渡って関わった事例でした。患者さんとの関わりが密になる分、医療における多文化対応に直面して戸惑い、チーム内で頭を悩ませたことも少なくありません。私個人も,医療通訳として関わるのか,病院職員として関わるのか、患者さんとの関わり方に迷って、チーム内や医療通訳の大先輩に相談することもありました。そのような中で、私が常に意識していたのは、自分単独で患者さんの対応をしないことでした。医療通訳は単独では成り立たない、話者がいて始めて必要となる存在です。常に他のチーム員と一緒に対応をし、本来の医療事務職員として対応をしなくてはならない時には、ソーシャルワーカーに同席してもらうことで、自分自身はもちろん、患者さんもチームメンバーも“医療通訳”との意識を持ちやすくなったのではないかと自負しています。そうして、医療通訳として、そこで話されたことを足さず、引かず、変えず、中立を守るよう心がけました。

『一期一会の医療通訳もあれば、チーム医療の一翼として患者さんに長く寄り添う医療通訳もある。』当たり前のことではありますが、そのどちらにも必要なのは、適切な医療の実践のための正確な通訳と、患者さんとのいい塩梅の距離感だと、これらの事例から教わりました。

二度目の事例が契機となって、今では、症例検討や医療通訳の必要性について学会発表の機会をいただくようになりました。病院職員が医療通訳の必要性を発信、医療通訳の在り方を提案するのは珍しいと、院内外で関心を寄せていただくことも増えてきています。医療通訳者と病院職員の両方の視点を持ったからこそ気付くこともあるはずとの思いで、日々業務や学習に臨んでいますが、まだまだ道半ば。迷った時にはターニングポイントを振り返って、果たすべき役割を考えながら一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

(NAMI会員:M.A)

0 コメント