途中で止める

 医療通訳者は医師を始め医療従事者の説明が長く続き始めると 途中でとめなければならない、と教えられます。 あまり長くなると前の方を忘れてしまう可能性がある あるいは自分の書いたメモが読めなくて混乱するなどの理由から正確な通訳が望めなくなるからです。自分の能力の及ぶ範囲を知っておき、そこで止まって頂く。そこまでを訳してまた次に進む、この繰り返しです。

 

 あるロールプレイ練習に参加した時のこと。 

 大腸検査の説明をする場面がありました。

 日本文で3,4ページにもおよぶ長い説明をその通訳は一回も止めずにメモを取っていました。まだ行くの?まだ行くの?と全員がはらはらしていたと思います。そして、さあ、どうするのだろうと皆がかたずを飲んで見守る中、この通訳さんは見事にこなされました。すごい!素晴らしかったです。後で聞いてみたところ、この方は看護師さんであり検査プロセスを熟知していますから、とのことでした。

でも少し考えなくてはならない面もあるかもしれません。 看護師の説明が続く中、患者はかやの外。人によっては不安になったり集中力が途切れる方もいるでしょう。途中で待ち切れなくなって質問を挟む人もいてそうするとその対応に追われ 本来の通訳しなければならない部分がおろそかになる可能性もあります。やはりここはたとえ自分が間違いなく通訳できる自信があっても ある程度のところで止まって訳したいと私は思います。患者さんも確認できますし そこでタイミングよく質問も出来ます。もし患者さんの理解の方向性が違っていたら修正も出来ます。 

 

ところで、途中で止まってもらう方法も千差万別です。もうこれ以上は無理、と思ったら医師の説明にかぶせて訳し始めてしまう、それを何回か繰り返すうちに医師のほうでも通訳の能力がわかり、途中で止まってくれるようになる、というやりかた。「先生、あまり長くなると訳せなくなります。ここで通訳の時間をいただけますか?」と断ってから訳すというやりかた。手を挙げて合図をして止まってもらうやり方。 私は新人の頃、途中からかぶせていました。 焦りがあったのだと思います。今ではこのやり方は少し乱暴かなと思い、待ってほしい旨を口頭で伝えるようにしています。しかし人間には話すリズムがありますから 待って欲しいとお願いしたにもかかわらず 「いや、ここだけは喋られてくれ」とおっしゃってご自分の言いたいことを一気に話された医師もいらっしゃいました。そんな時はひたすらメモに徹するしかありません。

 

 

 最近は医師の中にも通訳を使い慣れてこられた方が出てきました。適当な所で区切って下さり、「じゃあここまで」と言って時間を下さる方、「次も必ず通訳と一緒に来るように」と当てにしてくださる方。 

 これからますますニーズが高まる医療通訳者がいいパフォーマンスが出来るような環境をユーザー教育の観点からも考えたいです。(Y.Y)

0 コメント

一人二役

 

 

 医療通訳として独り立ちして十年以上の年月が経ちました。

 医療という専門性の高いかつ非日常的現場での実践に対して、経験を  

 蓄積ながらも事前準備は欠かせない作業です。

 現場において医療通訳は医療者と患者両方の通訳を担当し、所謂「一人

 二役」を演じます。そのためにコーディネーターから依頼を引き受け

 ると、診療科、病名、受診目的などの情報に基づいて準備し始める

 のです。医療知識は様々な情報源を活用して準備することができます。

 が、患者という役作りは容易ではなく、殆どぶっつけ本番です。

 私の場合、医療機関でMSWを通して患者さんと対面した瞬間から如何に

 患者役を演じるかの心構えは、患者さんから如何に「安心と信頼」

 得るかということです。

 安心感:患者さんに「您好」二文字に込められている全力でサポート

 する通訳の思いが伝わるよう、非言語的表現、例えば笑顔、口調、

 目線、距離などを大切にしています。

 信頼:診察の待ち時間を利用して患者さんの話に耳を傾けること、

 異国で病を患う不安を抱えている患者さんにとって母語で会話しながら

 ご自身の気持ちを整理し、不安を和らげる場合がありますので、待合室

 は通訳と患者との信頼関係を構築する大事な場所と考えています。

 診察室に入ってから、通訳は脇役となり、主役の医療者と患者さんとの

 意志疎通の懸け橋となります。医療通訳者が寄り添うの医療者だけ

 ではなく、患者だけでもなく、私たちは現場のすべての方々に寄り添う

 のです。(PS)

0 コメント

英語医療通訳の宿命?

先日、ある外国人無料健康相談会で通訳したときのこと。

 

医師が 「少し血圧高目で太りすぎ」と言ったのを、「少し(a little)血圧が高く少し(a little)太りすぎ」と訳したら、

 

医師 「ア・リトルじゃない」 

通訳 「・・・ハ?」 

医師 「“少し太りすぎ”じゃなくて、“太りすぎ”!」

 

つい、ちょっと付け足してしまっていた私・・・いけない、いけない!と反省しましたが、このように、英語通訳は常に医療者に訳をチェックされてます。

 

医師は少なくとも英語は聞いてわかるので、誤訳をチェックしていただけるのは通訳にとってとてもありがたいことですが、(この通訳者は信頼できるだろうか?)の目安を、(専門用語をきちんと訳せるか?)に置いておられる医師が多いかもしれません。医師は「英語の専門用語」のエキスパートですから。

 

しかし、専門用語を専門用語のまま訳して患者さんに伝わらなければ、意味がありません。

 

以前、「穿孔」という言葉をわかりやすいように「穴が開く」と訳したら、(あ~これだから素人はダメなんだ!)と言わんばかりに、「perforation」と言い直し、その専門用語を用いてダダダダダァ~~とご自分で流ちょうに英語で説明された医師がいました。通訳はもう出番ナシです。

 

患者さんは一般的に、医師と直接コミュニケーションが取れるのは大歓迎ですが、その場では「わかりました」と言いながら、診察室を出てから「さっきドクターは何て言ってたんだっけ・・・」と通訳者に質問してくることがあります。

 

やはり、患者さんが理解できるということが何よりも大事。しかし、医師の信頼を得ることも同じくらい大事。両方から信頼され、適切で十分な橋渡しができるよう、これからも精進していきたいと思います。(yo)

0 コメント

患者来院せず

NPOでラテン系言語の医療通訳スタッフと通訳コーディネーターを始めて10年以上。

派遣システムの中で医療通訳者をやっていると、「患者来院せず」で当日キャンセルに遭遇することがある。約束の時刻通りに現れない患者もいることから、しばらくはそのまま待つ。それでも、来なければ、病院職員が患者の連絡先に電話をする。連絡が取れたところで、「忘れていた」「受診をキャンセルしたが、それが通訳を依頼する窓口に届いていなかった」「帰国してしまっていた」など、来院しなかった理由がわかるのだが、ときに連絡が取れないことがある。お一人暮らしで、病状が重く、生活保護であったりすれば、病院から役所に連絡をとって様子を見てもらうことができる。これまで、これに該当することが3件あり、1件は役所の方が、家に行ったらもぬけの殻・・近所の話から、娘さんがやってきて、全てかたづけて父親を連れて帰国してしまったと推測された。役所での手続きは何もしていなかったので病院まで伝わっていなかった。あとの2件は、役所の方が行かれたところ、

 

お部屋で亡くなられていた。これは、本当にやり切れない。やり切れないが、理由がわかり、もう私たちがこの方たちには必要なくなったのだなと心の始末がつけられる。しかしながら、家族と住んでいて・・という患者さんの場合、ポツンと途切れてしまうことがある。もちろん、役所の人が訪れることもなく、病院もその患者さんを深追いすることはない。病院で受診することはあくまでも患者の意志で、病院が強制するわけにはいかないのだから仕方のないことである。もちろん、通訳者からも強制することはできないことだ。患者の生活に立ち入ることなどもってのほかなので静観するしかないのであるが、「薬をきちんと飲まなければ命に関わる」「手術日が決まっていた」「PTSDの治療の最中だった」「妊婦」などで、病院へ来なくなってしまった患者についてはいつまでも心に残る。帰国したり、よその土地に行ったり、他の病院へ行ったりしたための「来院せず」だったらよいのだがと、時折、なんともいえない不安とともに思い出す。(ya)

0 コメント

今思うこと

スペイン語相談員として仕事をはじめて四半世紀。

青年海外協力隊員として3年間過ごしたパラグアイにはまり、帰りたくないと泣きながら日本に帰国したら、1990年の入管法改正で私が南米に行かなくても南米の人たちが日本に来てくれることになった。じゃあ、日本の中の「南米」にはまるのもいいかなあ・・・と軽い気持ちで相談員をはじめて、意外と面白くて今まで続いてきた。職場で「やめてやる~」は何度も叫んだことがあるけど、相談者が嫌いになったことは一度もない。

 医療通訳の活動は阪神淡路大震災後、感染症や精神疾患、ストレスによる不定愁訴で相談者が病院に行かなければいけないけれど、言葉の問題でいけないことが何度もあって、私の下手なスペイン語で同行していく中で、これではまずいなあと思ったし、保険料は取られるのにいざ病院に行こうと思ったら言葉が通じなくて受診できないのはおかしいよと腹がたったから。目の前に病院に行きたくても行けない人がいて、スペイン語ができるのに知らない顔はできないなら、「私が安心して医療通訳できる環境を作ってくれ~、いや作ろう」と思ったのが、この制度化に向けての原点だった気がする。あくまでも誰かのためでなく、自分のためだ。

医療通訳者として、医療通訳環境を整備することは、専門職のソーシャルアクションのひとつ。医療通訳者のことを「わかってくれない」と愚痴るのではなく「わかってもらう」仕組みを一緒に考えてみようと思う。

最初、まわりの医療者はみんな外国人の敵だと思っていた。でも、この活動を通じて、みんな困っているということがわかった気がする。じゃあ、患者や家族の意見はもちろんのこと、医師の意見、看護師の意見、行政の意見があるなら、通訳者の意見もちゃんと伝えておかなくては。だって、実際に動く通訳者にとって動きにくい制度なら、誰もやらないよね。特に優秀な通訳者は。だから、形は変わってもこれからもずっと「ストレスなく医療通訳させてくれ~」って言い続けるんだろうな。

でも、あの頃との違いは、全国に仲間がいることだと思う。

 

(む)

0 コメント