今思うこと

スペイン語相談員として仕事をはじめて四半世紀。

青年海外協力隊員として3年間過ごしたパラグアイにはまり、帰りたくないと泣きながら日本に帰国したら、1990年の入管法改正で私が南米に行かなくても南米の人たちが日本に来てくれることになった。じゃあ、日本の中の「南米」にはまるのもいいかなあ・・・と軽い気持ちで相談員をはじめて、意外と面白くて今まで続いてきた。職場で「やめてやる~」は何度も叫んだことがあるけど、相談者が嫌いになったことは一度もない。

 医療通訳の活動は阪神淡路大震災後、感染症や精神疾患、ストレスによる不定愁訴で相談者が病院に行かなければいけないけれど、言葉の問題でいけないことが何度もあって、私の下手なスペイン語で同行していく中で、これではまずいなあと思ったし、保険料は取られるのにいざ病院に行こうと思ったら言葉が通じなくて受診できないのはおかしいよと腹がたったから。目の前に病院に行きたくても行けない人がいて、スペイン語ができるのに知らない顔はできないなら、「私が安心して医療通訳できる環境を作ってくれ~、いや作ろう」と思ったのが、この制度化に向けての原点だった気がする。あくまでも誰かのためでなく、自分のためだ。

医療通訳者として、医療通訳環境を整備することは、専門職のソーシャルアクションのひとつ。医療通訳者のことを「わかってくれない」と愚痴るのではなく「わかってもらう」仕組みを一緒に考えてみようと思う。

最初、まわりの医療者はみんな外国人の敵だと思っていた。でも、この活動を通じて、みんな困っているということがわかった気がする。じゃあ、患者や家族の意見はもちろんのこと、医師の意見、看護師の意見、行政の意見があるなら、通訳者の意見もちゃんと伝えておかなくては。だって、実際に動く通訳者にとって動きにくい制度なら、誰もやらないよね。特に優秀な通訳者は。だから、形は変わってもこれからもずっと「ストレスなく医療通訳させてくれ~」って言い続けるんだろうな。

でも、あの頃との違いは、全国に仲間がいることだと思う。

 

(む)

事件はまさに現場で!!

 先日、初めて医療通訳を入れる、という病院に行ってきました。

これまで一体どうやって乗り切ってこられたのか? 興味のあるところです。

聞けばiPadを介してテレビ電話形式で行っている、とのことでした。「患者は素人なので一般通訳でよいのではないか、という判断に基づき、医療通訳者への依頼はしてきませんでした。でもやはりそれでは限界があることから、今回新たに医療通訳者の導入を決定しました」と説明して下さいました。

 

医療通訳者やこれから目指される方々は通訳の訓練はもちろん 医療の勉強も熱心にされています。それは背景知識があれば通訳しやすいからにほかなりません。医師や看護師のような深い知識は必要なくても 広く、浅く、ある診療科の特定の病気というのではなく、様々な病気の内容、医療制度、使える医療補助、薬剤、保険、患者の文化的特徴 などなど背景に持っていたほうがよい知識は数知れず日々勉強の積み重ねですね。常にアンテナを張り、ちょっと耳に入ってきたことも逃さずストックしていきたいものです。

その背景があってこその医療通訳者です。

 

もう数年前でしたか、動脈管開存症の手術をしたお子さんの術後のフォローアップに医療通訳者としてアテンドしたことがありました。 診察が終わった頃、同席していたソーシャルワーカーが医師にこう質問されました。「先生、このかたに通訳は必要ですか?」医師は英語を話される方でしたので、ソーシャルワーカーとしては少しでも通訳費用を押さえたいという意図もあったのかもしれません。

医師はこう答えられました。「この患者さんは僕に話せないことを通訳さんには話しています。なので、この患者さんには通訳が必要です。」と。ここまで外国人患者に深い理解を示される医師は珍しく 強く印象に残りました。 

診察室ってとても緊張するところだと思います。診察室でリラックス出来る方なんてなかなかいないのではないでしょうか?

医師という、大げさに言えばこちらの生殺与奪の権を握っている専門家、 かたや何を言われることかと心配に打ち震えつつ、祈るような気持ちで医師の前に出る素人の患者。その圧倒的な力関係のギャップの上にさらなる言葉の壁。想像以上の不安を抱えて診察室に入る患者さんに少しでも寄り添って受けたい診療が受けられるように 通訳者は心を尽くします。

そのために 診察室に入る前には出来るだけ患者さんと言葉を交わし、信頼関係を構築しておきたい、と思っています。よい関係を築けるかどうかがその日の通訳が満足のいくものになるかどうかの重要な鍵を握っている、と考えています。中にはなかなか打ち解けて頂けない患者さんもいて苦労することもありますが、やはり気持ちはいずれ通じる、と信じて諦めることはしません。

医師の説明が理解できたか? 質問はないのか? 症状ではなく不安な気持ちを聞いてもらいたいのではないか? 言いたいことが言えて納得の診療が受けられたのか? その前に言いたいことを言える雰囲気を作ってあげられたか? 

などなど 最初から最後までしっかりと推移を見極めつつ、臨機応変に対処できる医療通訳者になりたいと思っています。

医療通訳の世界においてもICT化が進んでおり、それぞれに利点があるでしょうから、医療通訳者と共に上手に使いこなしていければ理想的です。

ただ、患者に寄り添う医療通訳者を使用するメリットは、機械翻訳やその他のツールを介した通訳の手の及ばないところにあるのではないかと考えます。事件はまさに現場で起きているのです。患者さんが醸し出す微妙な雰囲気や変化はそばにいてこそキャッチ出来ますものね。(Y.Y

 

0 コメント

春に思うこと

4年前のちょうど今頃、甥っ子をなくしました。大学受験が終わり、久しぶりに部活に顔を出し、心肺停止になり救急車で搬送されました。駆けつけた救急隊がAEDを使ってくださったおかげで、若い心臓は鼓動を取り戻しましたが、てんかんと思われて体育館に寝かされていた20分間に脳はダメージを受け、その後意識が戻ることはありませんでした。

 

生命を維持するために、様々な処置がめまぐるしく施され、その度に家族は呼ばれ、説明を受けるものの、それが死を意味するものなのか、救済なのか、一言も漏らすまいと息を潜めて、あるいは泣きながら先生の話に耳を傾ける毎日でした。

 

医師の話を聞き、どこまで治療を行うのか、成功の確率はどれくらいあるのか、今日「さよなら」を言わなくて済むのか・・・と狭い部屋に集められた家族全員が緊張しながら、医師の言葉に耳を傾け、決断をしなければなりません。

 

病院の処置は、完璧でした。でも日本語で聞いていても、治療方針をきちんと理解して、決断をする負担はとても大きいことが分かりました。先生の表情や言葉に一喜一憂しました。もし自分が日本語が全然わからなかったとしたら、どんなだろう、と想像してみました。

 

医療従事者がバタバタと走り回っていても、何が起きているか分からず、その説明を聞くことも理解することもできない。重症なのか軽症なのか、どのような治療なのか、家族ができることは何かあるのか、自分たちの声は本人に聞こえているのか、苦しくはないのかなど、聞きたいことはたくさんあるはずです。

 

通訳してもらえるのであれば、要約でなく、話した文章をそのままに語尾まできちんと丁寧に訳してもらいたい、「はい、お願いします。」と言ったのに「OK」とカジュアルに訳して欲しくないなど色々と浮かんできます。

 

通訳はメッセージを伝えればそれでいい、というものではありません。正確にメッセージを伝えるのは、実は最低限のことなのです。それ以外にも、ニュアンスを伝える、発せられた言葉と同じトーンの言葉を選ぶ、短い呼びかけもそのままに訳してもらいたいと私は思います。できるだけ通訳者の色がつかない、雰囲気が壊れない、通訳しているのにあたかも原発言をそのまま聞いているかのように伝えて欲しいと願います。

 

そのためには、普段から言葉にこだわること、通訳するときは、最後まで気を抜かない、状況に甘えない、文の最後まで丁寧に訳すなど研修を通して研鑽を積んでいかなければなりません。

 

今年、全国医療通訳者協会では、全50時間の「CHIP研修」を準備しました。医療とロールプレイを含む通訳練習をセットにした研修です。たくさん通訳練習ができるようなプログラムにしました。月に1回(土・日)、5ヶ月かけて東京で実施します。それ以外にも、単発ですが、ロールプレイ研修をまずは名古屋で527日に開催します。

 

練習の先に待っている人を心に思い描いてみてください。

 

どうぞ奮ってご参加ください。(nm)

0 コメント

女性と子ども

 女性のライフイベントにおける出産・育児、そして介護等と、社会活動を通じた「学ぶ喜び」の両立で苦労されている(いた)数多の女性を垣間見てきました。医療通訳の研修の場においても例外ではありません。小さなお子さんの面倒を見てもらえる人がいないため、自己研鑽の機会を失った経験がある方も多いと思います。

 

 研修会に小学生のお子さんを伴って来られる場合があります。お母さんが前方で受講している後方で、お子さんが宿題やドリル、ゲーム(もちろん消音です!)などをしながら、お母さんと一緒の空間にいるという構図です。時には複数のお子さんが一緒になり、講義室の外で一緒に遊ぶこともあります。

親の働く姿を見せるという「子ども参観」という職場体験の前段階に当たるこの風景が、私はとても好きです。お母さんだって学びたい!働きたい!社会に貢献したい!の「見える化」です。

 

そんな後ろでお母さんの母語であるポルトガル語を勉強していた、日本生まれ日本育ちの子も大学生になり、ブラジル留学やコミュニティ活動に勤しみながら、自分自身の将来を考えるようになりました。

ある派遣団体において二十歳で在住10年の専門学校生のラテン系青年が医療通訳として養成され活躍していました。似て非なるラテン語の妊婦さん担当となり異常分娩だと判明しました。その時彼は、自分は異言語であり子供もおらず経験値も少ない異性なので、妊婦さんと同じ言語の同性の通訳に担当変更を申し出たところ、「あなたを信頼している。異言語であってもあなたに通訳をして欲しい」と言われ嬉しかったと話してくれました。そしてそんなコミュニティの橋渡し役になりたいという希望も持っていましたがIT分野の職種を探そうと思う、と苦しい胸の内を語ってくれました。

 

 日本社会で育った彼らが、十分な日本語を話せない、複雑な社会保健福祉制度が判らない家族やコミュニティの役に立ちたい、日本社会との橋渡し役になりたいという、ごく自然なモチベーションを拠り所とする「医療通訳者」を生業(なりわい)の職業選択の一つとしたい・・・

業として生計を立てられる職種にしていくことも『NAMI(全国医療通訳者会)』のミッションのひとつだと思っています。(m. i.)

 

 

0 コメント

漢 字

 

 

私は母語・中国語と日本語で医療通訳に携わっております。日々の実践を

通じて日本も中国も文字表記のための手段として使う漢字の便利さ、面白さ、時には難しさを思い知らされることが多々あります。

 

会話1@医療通訳現場

医:漢字を読めますか?

患:はい。

医:通訳がいない時に、紙に漢字を書けば通じるかも知れませんね。

 

会話2@医療通訳現場

患:この間、通訳さんがいない時に先生から統合失調症という病名を教えて

もらったが、中国のウェブサイトで統合失調症という病名は見つかり

ませんでした。

会話2のケースについて、患者の質問は通訳を介して医療者に確認し、日本語「統合失調症」の中国語訳「精神分裂症」を患者に伝えることができました。

 

単語帳作りを通して気付いた漢字表記、日本語=中国語、日本語≠中国語

日本語≒中国語

【日本語】      【中国語】

 心臓         心脏

 胃                

       膵臓         胰脏

 気管                  气管

      気管支                支气管

  副腎         肾上腺

 整形外科              骨科

      胃腸炎                肠胃炎

 婦人科                妇产科

       血液         血液

 

筆談は工夫の一つ、しかし、日本語≠中国語を意識しないと伝えたつもりで

伝わっていないことになりかねないです。

通訳として、漢字の鵜呑みは禁物と常々心掛けております。

 

漢字は奥深く興味深い文字ですね。(Pa

0 コメント